Blog記事 No.31『スターラスター』
よく考えてみたら、この当時で3D視点のシューティングゲームって斬新だった気がします。ナムコファミコンで1985年に発売したスターラスター。あまり知っている人はいないマイナーゲームかもしれませんね。いつ買ったのか覚えてませんが、僕は自分で持っていたカセットなので、よく遊んだものです。
とはいえ、面白かったかというと、そうでもないですよね。何度やっても、ある程度以上先に進めないという妙な難易度だったり、先のステージにチャレンジしても、内容にそれほど変化がなかったり、そもそもレーダーで敵を見つけて倒すという作業自体に、あまりゲーム性が感じられませんでした(汗 でもかなり遊んだんですよね。よほど他に遊ぶゲームがなかったのか、なんなのか。。
ゲームとしては、レーダーで敵の居場所を見つけ、そこに向かってワープしたりノーマルに移動して、敵を駆逐するというものでした。長距離ワープするとエネルギーが消耗されるという要素があった気がします。なので、近場から攻めて行く、という戦略を使っていました。で、時々出現する八の字型をした宇宙ステーションや隠しキャラの漂流する宇宙船乗組員を見つけてエネルギーを回復することができます。それから強力なビーム砲をマップ兵器としてレーダー上で打ち込むことができます。これは楽しかった(^-^) 今思えば非常に画期的な攻撃システムでした。
やり方は忘れましたが、裏技でコクピットの配色を変える事ができます。で、レーダーの背景色と表示色を同じ色にして、レーダー無モードにして遊んだこともありました。
全ソフト一覧
主要メーカー