Blog記事 No.37『ツインビー』
多分、コナミのシューティングゲームと言えば、グラディウスを思い浮かべる人が多いと思いますが、僕の場合はツインビーですね。どちらも1986年に発売されていますが、ツインビーの方が先に出ています。また、いくつかシリーズ物が出ていますが、ツインビーRPGなるゲームまで1998年にプレステソフトとして作られてました。
ファミコンの初代ツインビーは縦スクロールのシューティングです。二人同時プレイもでき、合体技なんてものもありました。2台のツインビー(2P側はウィンビーだったかも)を横に合体させると、威力の強い弾が打て、縦に合体させると拡散射撃ができます。パワーアップアイテムが雲の中から出てくるベルで、弾で弾くと色が変わっていくという仕組みでした。で、何発打つとどの色になるかは決まっているので、お目当ての色になるまで落とさないように打ち続けるのが楽しかったですね。色によって効果が違い、例えば青色を取るとスピードアップ、白色は弾がパワーアップする、といった感じでした。そう言えば分身するアイテムもありました。
よくやった遊びは、青色のベルを取り巻くって、超高速移動状態にするというものでした。早すぎてとても操作できないのですぐにやられてしまうのですが、どこまでスピードアップできるかを競って熱くなったものです(^-^
敵キャラが野菜だったり食器だったりするという不思議なゲームでもありました。
全ソフト一覧
主要メーカー