Blog記事 No.47『グラディウス』
ファミコンのシューティングゲームの代表格といえばこのゲームしかないでしょう。グラディウスコナミ1986年に発売しています。
横スクロールのシューティングゲームですが、何と言っても特徴は選択式のパワーアップシステムですね。主人公の乗り込むビックバイパーは、敵が落とすパワーアップアイテムを取った個数に応じて、パワーアップすることができます。自分のお目当ての機能が使えるところまでパワーアップアイテムを取った時点で、Bボタンを押してパワーアップするわけです。なので、スピードアップやミサイルなどの基本的な機能から充実させていくこともできますし、いきなりバリアやオプションなどの高機能なものからそろえていくことも、プレイヤーの意思次第です。
パワーアップアイテムの揃え方でちょっと悩ましいのが、上方向に飛ばすミサイルと正面の弾を強化したレーザービームの2つは、同時に装備することができない点です。つまり上方ミサイルを装備して攻撃範囲を広げると、正面への攻撃がおろそかになりますし、かといってレイザーで正面への攻撃力をアップさせると、上の方への攻撃ができなくなってしまうわけです。僕の友達の間では、上方攻撃を犠牲にしてレイザーを使うのが定石でした。
また、裏技でパワーアップすることもできました。スタートボタンでポーズしておいて、「上上下下左右左右BA」という順でボタンを押すと、いきなりフル装備になります。ちょっとずるいですけどね。あと、2ステージ目のボスに当たる活火山は、下方ミサイルを装備した状態で、画面の左上で弾を連射していると、火山を潰さなくても制限時間が過ぎてクリアしてしまえるという技もあったと思います。
全ソフト一覧
主要メーカー