Blog記事 No.54『ワルキューレの冒険 時の鍵伝説』
進め方が良く分からないゲームでした。ワルキューレの冒険 時の鍵伝説ナムコ1986年のゲームです。
アクションRPGですが、街の人と会話してヒントをもらう、というプロセスがないのです。なので自分で動いてアイテムを回収し、自分でアイテムの使い道を考えていくしかないというものなのですが、それが非常に分かり難い。しかもゲーム全般を通して難易度が高く、わけも分からずにフィールドをさまよっている間に死んでしまうということが良くあります。
それでも何度も遊んでいると、そのうち船を取って別の大陸にいけるようになったり、砂漠の真中にあるピラミッドに入れるようになれます。でも、やっぱり全般的に良く分からないゲームでしたね。
最初に主人公の星座や血液型を選べて、それによって体力タイプか魔法タイプかが決まるというシステムは面白かったです。
あと、レベルアップは必ず宿屋で泊まらないといけないというのも変わっていました。中古で買ったカセットなので、説明書がなく、意味が分からない魔法もたくさんありました。クリアが難しい点以外は、強い武器を探したり、斧で森を切り開いたりと、なかなか面白いゲームではありました。サンドラとかクジラとかも良く分からないけど登場して、世界観も好きでした。
全ソフト一覧
主要メーカー